【早期退職】 新卒2ヶ月で仕事を辞めた私が転職できた3つの理由_アイキャッチ

こんにちは。なると申します。

私はタイトルの通り、新卒で入社した会社を2ヶ月で辞めました。

>>大まかな転職歴についてはここで紹介しています。

良くある営業職として入社したのですが、
入社すぐにハードなノルマが与えられ、上司には詰められる毎日で、
自分はこの業界では生きていけないと思い、転職しました。

今でこそ、転職をして良かったと思っているのですが、こんなに早くに仕事を辞めて、
「真っ当な社会人として生きていけないのでは」と真剣に悩んでいて、
ネットでも「新卒、早期退職」とか、検索したりして安心しようと必死でした。

そんな、不安だらけの中でも、1ヶ月で2社の内定をもらうことができました。

今回は転職活動で意識したことや、これがうまくいったなと思うことを
自分の経験談を交えながら、お伝えしていきたいと思います。

新卒2ヶ月で早期退職した自分がうまく転職できた3つの理由

【早期退職】 新卒2ヶ月で仕事を辞めた私が転職できた3つの理由.jpg

今まで仕事でやってきたことを数値化した

言葉の通り、自分が仕事でやってきたこと、
残した実績を数字として、履歴書や面接でアピールしました。

一般的に第2新卒というと、
新卒で入った会社で1〜3年以上勤務した人を
企業は想定して、採用活動を行なっています。

なので、新卒1年未満で転職する人を面接するのは、
採用側からしても非常に難しいのです。

自分は、研修の時から実際に業務に入るまでを
多少強引でも数字として面接官にアピールするようにしていました。

例えば、

「研修時のプレ営業で〇〇円の売り上げをあげた」
「実業務において、先輩のアシスタントとして〇〇円の売り上げに貢献した」
「アポイントの効率化を試行錯誤し、月間で〇〇件の商談に貢献した」
など

また、その数値を同期の実績と比較して

「貢献した〇〇円の売り上げは、同期の実績より◯%高いものでした」

のように、自分が残した実績が高いものだと見せることも効果的でした。

当然のことではありますが、
採用側はあなたが会社に貢献してくれるかを一番に見ています。
なので、面接官があなたを有望な人材であるということがわかるように、
アピールしていくことがとても大切です。

転職先の業界(業種)について調べる

「業界研究」というと、就活でも必要なことなので、
もうすでに経験されている方も多いと思います。

ですが、新卒すぐの転職については、
普通の就活とは状況が変わってきます。

職歴のほとんどない状況で、業界業種を絞ることは難しいですし、
新生活が始まったばかりでは、金銭的にも早く新しい職場を見つけたいと思います。

そこで、業界・業種を調べる上で、
重点的に見ていくべきところは「志望業界の時事ネタ」です。

その業界の時事を知ることで、
新しい仕事にスムーズに馴染めるか判断できますし、
異業界への転職する場合は、特にその業界への本気度を測ることができます。

基本的な業務内容を事前に押さえておくことも非常に大切ですが、
短期決戦で転職に挑む時は、その業界の時事を知っておくことで、
有利に進めることができるでしょう。

転職エージェントを利用する

早期退職での転職は履歴書がとても弱くなります。
その中で、転職サイトを利用した就活は、面接まで辿りつけないことがほとんどです。

その一方、エージェントは就活前に、
エージェントとの面談を行うことができますし、
エージェントと募集企業との間でも、担当者同士の繋がりもあります。

なので、履歴書があまり書くことができなくても、
エージェントから採用担当者へ、プッシュしてもらえる場合があり、
面接まではたどり着く可能性が、転職サイトよりも高いのです。

最近は、特定の業界に特化したエージェントなどが増えてきているので、
自分の行きたい方向に合わせて、転職エージェントを利用するのが良いでしょう。

転職エージェントについての、細かい話はまた別の記事でお伝えしていきますね。

何より転職したい目的を明確化することが大切

目的を明確にしよう

ここまで、自分が早期退職からの転職を叶えた時に、
実践してうまくいったなと、思ったことをお伝えしてきましたが、
転職する際に、何よりも大切なことは「あなたが転職する目的を明確にする」ことです。

転職したい理由は、人によって様々さと思いますが、
ほとんどの場合、今の職場でうまくいっていないということはあると思います。

そこで、何が今の職場でうまくいっていないのか、
何が今の仕事でつまらないことなのかをはっきりと理解することが何よりも大切です。

私自身、1度目の転職をした6ヶ月後に、また新しい会社を辞めてしまいました。
これも、自分が転職する時に、何を求めているかがわかっていなかったのが理由です。

まとめ

社会人1年目で転職を悩むということは、今が相当辛いのだと思います。
ですが、退職や転職などの行動をする前に、
あなたが転職する目的を納得できる形で落とし込む事が大切だと思います。

新卒すぐの転職について、新卒2ヶ月で1社目を辞めた自分の経験から、
転職できた背景となったポイントをお伝えしてきました。

自分自身そうでしたが、転職したいという気持ちがある時は、
かなりネガティブな気持ちになっていると思います。

自分が新卒2年で3回の転職を繰り返してしまったのは、
ネガティブな気持ちのまま、今の職場から逃げたい気持ちだけを
原動力に転職に向かってしまった、ということが大きな理由です。

今はなかなか自分の状況を整理するのが難しいと思いますが、
ポジティブな気持ちを持って、転職に向かってもらえたらと思います。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事